So-net無料ブログ作成

スイス訪問-17 [旅気分]

omaturi3.JPGomaturi4.JPG
ウィンタートゥーアの祭り-1
ラインの滝を見たときはどんより曇っていたのに、ホテルのあるウィンタートゥーアに戻ってみれば晴れ。
午後5時を過ぎているに、日本の感覚ではまだ昼間。ちょっと蒸し暑い。
通りには人があふれていました。
「お祭りなのよ」と、案内のTさん。
祭りといっても宗教行事でなく、移動遊園地がこの町にきたのです。
広場にいってみると、観覧車などの乗り物、ゲームの店、食べ物飲みものの屋台などがびっしり。
限られた空間によくぞつめこんだなあ。
私はホテルで休みたいのに、ミクは承知しません。手をひっぱられて、あちらこちら。
写真左は、建物の屋根をかすめるように回る観覧車。右は観覧車から見たウィンタートゥーアの街並み。

omaturi9.JPGomaturi10.JPG
公園も遊園地の会場になっていました。絶叫マシーンがいろいろ。ミクは、みんな乗りたがります。
でも年齢制限で乗せてもらえないものが多く、私は内心「それみたことか」と快哉を叫び…[わーい(嬉しい顔)]
右の写真、柱を囲む輪っかから突き出ているのは人の足です。この柱は大変高く、輪っかはてっぺんまで上ります。ミクは年齢制限に引っかかりました。じつは私、なにを隠そう高所随喜症。乗りた~い! 高齢者も「ダメ」といわれるかしら[ふらふら]

omaturi5.JPGomaturi6.JPG
公園も乗り物や屋台でにぎやか。
疲れを知らないミク。私は早く日が暮れないかと願うばかりですが、スイスの夏は8時頃でも明るいんだって[もうやだ~(悲しい顔)]
nice!(2)  コメント(1) 

スイス訪問-16 [旅気分]

rain-3.JPGrain-2.JPG
ra1n-1.JPG
ラインの滝
シュタイン・アム・ラインから電車で移動、その日の午後はラインの滝へ。水源はスイスアルプス、ヨーロッパ中部を流れ、北海にそそぐライン河。全長1320kmのなかで唯一の滝がここ。落差は23mだそうですが、150mの川幅いっぱいにものすごい水量が流れ落ちるので迫力あります。
残念なことに天候はうっとうしい曇り。晴天の光でこの風景を見たかった。

nice!(2)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。