So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

再びフランス・ロマネスクの旅-10 [旅気分]

go-1.JPGgo-2.JPG
ゴルド村とセナンク修道院
シルヴァカーヌ修道院から30キロほど北上して、ゴルド村を眺め、セナンク修道院へ向かいます。
丘の上に古風な家がひとかたまり。フランスの最も美しい村の一つ、ゴルド村です。
でも、遠くから見ただけなので、どのように美しいのかわかりませんでした。
写真右は、ゴルド村の下に広がる平野の眺め。
ゴルド村には泊まれるのかしら? できることなら泊まって、ぼうっとした1日を過ごしたかった。
古い家並みのほかは何もないだろうって? 
だからいいんです。カフェで、カフェがなければ道端の石垣に腰掛けて、空を眺めたり、猫をからかったり。
折紙をもっていくので、近くにいる人にツルを折ってあげることもあります。
「オリガミ?」と「聞いて、大喜びし、たちまち仲良くなれます。オリガミは世界の共通語のようです。
そんな一日の、なんと長いこと。
見知らぬ国の見知らぬ町で退屈しているくらい、贅沢な時間はないと思うのです。

se-1.JPGse-2.JPG
セナンク修道院は、旅行意案内書には「ラヴェンダーの美しい修道院」として紹介されていますが、シトー派三姉妹の一つである、ロマネスクの建築です。
写真右の、手前の畑がラヴェンダーで、シーズンには一面の紫に染まるそうです。
ここは現在も修道院として機能しているので、中の見学は遠慮しました。
静かな環境が素晴らしかった。

se-3.JPGse-4.JPG
se-5.JPGse-6.JPG
シトー派の修道士は自分たちで山から石を切り出し、積んで、修道院を建てたといわれます。
壁には、石を切り出した人の頭文字やマークが刻まれています。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

再びフランス・ロマネスクの旅-9 [旅気分]

si-7.JPGsi-1.JPG
シルヴァカーヌ修道院
シルヴァカーヌ修道院は、昼ご飯を食べたルールマランから数十分。
最初に見たル・トロネ修道院と同じシトー派の修道院で、同じ12世紀の建築。建て方も、周囲にまったく人家が見えないこともよく似ています。

si-3.JPGsi-4.JPG
窓からの眺めも…

si-5.JPGsi-6.JPG
ル。トロネ修道院と違うのは、控えめながら柱に装飾があるとこと。
あら残念、写真が小さいのでよく見えないですね。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

再びフランス・ロマネスクの旅-8 [旅気分]

maria.JPG
ルールマランで昼ご飯
エクサンプロヴァンスから東へ70キロ、ル・トロネ修道院を見学して、西へ同じくらい戻り、ルールマランという小さな村へ。
さてこのマリア様、撮影した順番からしてこの辺で撮ったはずなのに、どこの教会で撮ったのか全然記憶にありません。教会の正面も写しておけばよかった。
mura1.JPGmura2.JPG
mura3.JPGmura4.JPG
ルールマラン。10分も歩けば一周できてしまいそうな小さな村ですが、瀟洒な建物が並び、レrストランや商店もあって、雰囲気は都会と変わりません。
ここで昼ご飯にしました、山盛りの生野菜の上に少々の肉やチーズが乗っかっている、フランスの典型的なサラダ。大好きな料理です。どうして日本にはこういうメニューがないんだろう?

mura5.JPG
次の目的地、シルヴァカーヌ修道院に向かう道筋の風景。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

再びフランス・ロマネスクの旅-7 [旅気分]

siruva-a-ti.JPGsiruva-kabe.JPG
(うわあ! 今年になってから一度も投稿していない。反省っ)

ル・トロネ修道院 続き
外壁も天井のアーチも、シンプルさが好き。「時」がいい表情を添えています。

siruva0rasenn.JPGsiruva-waakranai.JPG
再び内部。どちらもこの修道院で使われていた装置のようです。
左は、巨大なネジ。絞る道具でしょうね。葡萄酒を作っていたのかな。
右はなんだかわかりません。何かを入れた布袋をつるして、したたる液体を濾しとったのでしょうか。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

新年のご挨拶 [アートな時間]

あけましておめでとうございます

wanko.jpg

十二支の版画シリーズは、亥年から始めてしまったので、
今年の戌年でオシマイ。
さて、来年は? 思案中です。
今になってみると、日本犬にしては耳が大きすぎ、おでこが出っぱって、しかも太っちょ。
十数年前に描いたんだ…今ならどんな表現をするかなあ。

間遠になりがちな投稿、ガンバラナクチャ。
今年もよろしくお願いいたします。
nice!(3)  コメント(4)