So-net無料ブログ作成

再びのイタリア-34 [旅気分]

ra-ninngyou.JPGra-hurumesi.JPG
ラヴェンナの食
K・Kさんと歩きながら、昼ごはんのできる店を物色。
入り口でお人形が招いている店は、中の様子が見えず、高いかもしれないので敬遠。
狭い路地を入ったところにあった総菜屋さんが手ごろ。テーブルは路地につながった屋外にあります。
私はサラダ、K・Kさんはパスタ。
そこにぬっとあらわれた、おっさん。黒く汚れた手をつき出して、「お恵みを」といっているらしい。
小銭をあげたものかどうしようか迷いましたが、じっと我慢。K・Kさんも応じません。
おっさんはしばらく粘っていましたが、人のよさそうな笑顔を崩しません。
ついにあきらめ、「グラツィエ」といって去っていきました。このときも笑顔。
そうなると心が痛みます。

ra-souzai1.JPGra-spuzai2.JPG
総菜屋さんのショーケース。持ち帰ったパスタは茹で、野菜はソースをかければ、今夜の晩ご飯、なのかな。

ra-yaoya2.JPGra-yaoya1.JPGra-yaoya4.JPGra-yaoya3.JPG
野菜と果物の店。雑然としているけれど、ラップなどで包んでいないのでおいしそうに思えます。
カリンがありました。こちらでは何に使うのでしょう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。