So-net無料ブログ作成

スイス訪問-4 [旅気分]

kiburugu -mado .JPGkiburugu-garasu.JPG
キブルグ城-2
館の中に広間と呼べるほどの部屋はありません。装飾のない、板壁の部屋が続きます。
そのなかで、左の写真、来客を迎える部屋の窓でしょうか。
右の写真の窓は復元かもしれませんが、この窓ガラスの作り方は古いです。
ステンドグラスの窓よりは実用向きの窓と思われます。

kiburugu-kao.JPG
どこかの部屋の窓際にあった肖像。
この館の主? 何代も続いた一族でしょうに、肖像は1点だけでした。

koburugu-dannro.JPGkiburugu-suto-bu.JPG
暖炉の上の装飾と、陶製のストーブ。
陶製のストーブは壁から突き出ています。隣の部屋で火を燃して、暖かさをこちらに送る仕組みだそうです。
ここは寝室だったのかな。

koburugu-miku.JPG
地下には、騎士の扮装をするコーナーがありました。騎士の服は、なんの繊維かわかりませんが荒織りの布で、ほとんど直線裁ちの粗末なもです。この上に甲冑をつけるのでしょう。
城の中には、牢屋や拷問部屋もありました。
地下の一番下は、食物の貯蔵庫。ここはずいぶん広く、6月だというのにひんやりしています。
冬は自然の冷蔵庫。昔は、穀物の袋や、チーズや、ワインの樽や、ソーセージや、果物が置かれ、野鳥なんかもぶら下がっていたんだろうなあ。
nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。