So-net無料ブログ作成

再びのイタリア-35 [旅気分]

yousai2.JPGyousai1.JPG
さようならラヴェンナ
今日はボローニャを経由してミラノに戻る日。
ボローニャからミラノへは18時28分の急行を予約してありました。逆算して、ラヴェンナを出発するのは15時33分。時間はたっぷりあるけれど、ラヴェンナの名所で見残したのはテオドリック王の廟だけ。
朝ご飯のあと、K・Kさんはフィレンツェに向かうといって出発しました。
私はちょっと暇。テオドリック王の廟はホテルから徒歩で500メートルくらい。市街地のはずれにあるようです。のんびりいきますか。
もう道に迷うことはありません。まず、要塞のわきを通ります。その名も「ブランカ・レオーネ要塞」。白獅子要塞ってことね。ラヴェンナと白いライオンとのかかわりを知りたいけど、旅行案内には書いてない。
朝日に映える石積みがいい感じ。

ounohaka .JPGkouen.JPG
テオドリック王の廟は、静かな公園のなかにありました。ところが囲いがしてあって、門扉には鍵がかかり、入れません。旅行案内にある公開時間に合わせてきたんだし、休日でもないのに。
門扉の間にカメラをつっこんで撮ってはみたものの、遠すぎるよー。
一枚の岩をくりぬいて作ったというドームが見たい。中に置かれてあるはずの、ロマネスクの水盤が見たい。
でも、誰もいない。料金所や公園の管理事務所らしきものもなく、聞くこともできません。見かけたのは、ジョギングの人、ひとりだけ。石段に腰掛けてリンゴをかじり…口惜しいなあ。

otiba.JPG
しかたないね。ふたたび要塞のある公園を通りすぎ…秋です。
市街地に戻って、前の日歩いた中で一番好きだったガッラ・プラチーディアの廟と、ネオニアーノ洗礼堂を復習。
イタリアに着いてからずうっと素晴らしい晴天に恵まれてきましたが、ここラヴェンナは空気がもやって、ちょっと蒸し暑い。海に近いせいなのか、天候が下り坂なのか。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。