So-net無料ブログ作成

ある日の銀座-1 [アートな時間]

2013-siko.jpg
思いがけなくも、棟方志功に遭遇。
展示室には誰もいない。遠慮しいしい1枚撮っちゃった。
一番右の書が好き。
タグ: 棟方志功
nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 4

さゆり

うわあ、凄い字ですね。
「遠慮しいしい1枚持って帰っちゃった。」となるのかと思って、ちょっとドキッとしました。w
by さゆり (2013-02-21 05:59) 

tree2

もって帰って壁に掛けたら、圧倒されてイノチないですよ(-_-;)
棟方の作品は肉筆よりも版画が高いと聞いていましたが、
実際、肉筆は百ン十万。
版画のヌード(大作ではない)が五百万以上もしました。
by tree2 (2013-02-21 11:06) 

タッチおじさん

版画も良いのですが油絵はなかったのですか?

by タッチおじさん (2013-02-21 22:28) 

tree2

ここでは、書と版画だけでした。
棟方が油を描いていたのはごく若い頃だけなのでは?
青森市にある、棟方の美術館で見たことがありますが、ほかでは見たことないです。
筆のタッチがすごく荒くて、色彩は意外に濁っていて、ゴチャゴチャした感じ…だったような。あまり記憶に残っていません、正直なところ。
by tree2 (2013-02-22 12:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。