So-net無料ブログ作成

再びフランス・ロマネスクの旅-11 [旅気分]

avi-1.JPG
アヴィニヨンの教皇庁
10月18日の、シトー派三姉妹めぐりは強行軍でした。
あとになってみれば、ル・トロネを飽きるまで見て、あとの二つは省略してもよかった…と思うのですが、
それは三つを見たからいえることです。
それにしても、ルトロネの近くに1泊したかったなあ。
とんでもなく不非自由かもしれないけど、それが好なんだよねー。
などと思いながら、その日のうちにアヴィニヨンのホテルに入りました。
19日、アヴィニヨンは、オランジュにいくための中継地点なので、観光は午前中だけ。
私がアヴィニヨンについて知っているのは、「アヴィニヨンの橋の上で」という歌だけなんですが、
教皇庁と橋と、どっちにいくか?
教皇庁にしました。

avi-2.JPGavi-3.JPG
旅行案内書によれば、ヨーロッパ最大のゴシック宮殿。
大きいだけあって、いっぺんに造られたのでないことは、見ただけで感じます。
建て増しに次ぐ建て増しだったのね。複雑で広い。
中にあった聖像などはすべてフランス革命のときに破壊されたそうで、威圧感のある、大きい部屋がただただあちこちにあるだけ。
教皇庁というからには、ゴシック時代というからには、よくいえばきらびやかな装飾でみちあふれていたのでしょうし、それがあったら時間をもてあますこともなかったと思うのですが、なんだかなあ。
写真を撮る気もおきません。

avi-4.JPG
ヒコはむくれていました。私も同じ気分だけど…
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

再びフランス・ロマネスクの旅-10 [旅気分]

go-1.JPGgo-2.JPG
ゴルド村とセナンク修道院
シルヴァカーヌ修道院から30キロほど北上して、ゴルド村を眺め、セナンク修道院へ向かいます。
丘の上に古風な家がひとかたまり。フランスの最も美しい村の一つ、ゴルド村です。
でも、遠くから見ただけなので、どのように美しいのかわかりませんでした。
写真右は、ゴルド村の下に広がる平野の眺め。
ゴルド村には泊まれるのかしら? できることなら泊まって、ぼうっとした1日を過ごしたかった。
古い家並みのほかは何もないだろうって? 
だからいいんです。カフェで、カフェがなければ道端の石垣に腰掛けて、空を眺めたり、猫をからかったり。
折紙をもっていくので、近くにいる人にツルを折ってあげることもあります。
「オリガミ?」と「聞いて、大喜びし、たちまち仲良くなれます。オリガミは世界の共通語のようです。
そんな一日の、なんと長いこと。
見知らぬ国の見知らぬ町で退屈しているくらい、贅沢な時間はないと思うのです。

se-1.JPGse-2.JPG
セナンク修道院は、旅行意案内書には「ラヴェンダーの美しい修道院」として紹介されていますが、シトー派三姉妹の一つである、ロマネスクの建築です。
写真右の、手前の畑がラヴェンダーで、シーズンには一面の紫に染まるそうです。
ここは現在も修道院として機能しているので、中の見学は遠慮しました。
静かな環境が素晴らしかった。

se-3.JPGse-4.JPG
se-5.JPGse-6.JPG
シトー派の修道士は自分たちで山から石を切り出し、積んで、修道院を建てたといわれます。
壁には、石を切り出した人の頭文字やマークが刻まれています。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

再びフランス・ロマネスクの旅-9 [旅気分]

si-7.JPGsi-1.JPG
シルヴァカーヌ修道院
シルヴァカーヌ修道院は、昼ご飯を食べたルールマランから数十分。
最初に見たル・トロネ修道院と同じシトー派の修道院で、同じ12世紀の建築。建て方も、周囲にまったく人家が見えないこともよく似ています。

si-3.JPGsi-4.JPG
窓からの眺めも…

si-5.JPGsi-6.JPG
ル。トロネ修道院と違うのは、控えめながら柱に装飾があるとこと。
あら残念、写真が小さいのでよく見えないですね。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

再びフランス・ロマネスクの旅-8 [旅気分]

maria.JPG
ルールマランで昼ご飯
エクサンプロヴァンスから東へ70キロ、ル・トロネ修道院を見学して、西へ同じくらい戻り、ルールマランという小さな村へ。
さてこのマリア様、撮影した順番からしてこの辺で撮ったはずなのに、どこの教会で撮ったのか全然記憶にありません。教会の正面も写しておけばよかった。
mura1.JPGmura2.JPG
mura3.JPGmura4.JPG
ルールマラン。10分も歩けば一周できてしまいそうな小さな村ですが、瀟洒な建物が並び、レrストランや商店もあって、雰囲気は都会と変わりません。
ここで昼ご飯にしました、山盛りの生野菜の上に少々の肉やチーズが乗っかっている、フランスの典型的なサラダ。大好きな料理です。どうして日本にはこういうメニューがないんだろう?

mura5.JPG
次の目的地、シルヴァカーヌ修道院に向かう道筋の風景。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

再びフランス・ロマネスクの旅-7 [旅気分]

siruva-a-ti.JPGsiruva-kabe.JPG
(うわあ! 今年になってから一度も投稿していない。反省っ)

ル・トロネ修道院 続き
外壁も天井のアーチも、シンプルさが好き。「時」がいい表情を添えています。

siruva0rasenn.JPGsiruva-waakranai.JPG
再び内部。どちらもこの修道院で使われていた装置のようです。
左は、巨大なネジ。絞る道具でしょうね。葡萄酒を作っていたのかな。
右はなんだかわかりません。何かを入れた布袋をつるして、したたる液体を濾しとったのでしょうか。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

新年のご挨拶 [アートな時間]

あけましておめでとうございます

wanko.jpg

十二支の版画シリーズは、亥年から始めてしまったので、
今年の戌年でオシマイ。
さて、来年は? 思案中です。
今になってみると、日本犬にしては耳が大きすぎ、おでこが出っぱって、しかも太っちょ。
十数年前に描いたんだ…今ならどんな表現をするかなあ。

間遠になりがちな投稿、ガンバラナクチャ。
今年もよろしくお願いいたします。
nice!(3)  コメント(4) 

再びフランス・ロマネスクの旅-6 [旅気分]

siruva-1.JPGsiruva-2.JPG
ル・トロネ修道院
12世紀に建てられた「シトー派三姉妹」と呼ばれる修道院。
去年は、ロマネスクの壁画や柱頭のレリーフにのぼせていた私ですが、
今年は同じロマネスクでも、なんの飾りもない、石そのものの建築が見たくてたまらない。
ここが目的地の一つ、ル・トロネ修道院です。
エクサンプロヴァンスから車で70キロ、静かな山を縫うように走って、到着。
ほの暗い聖堂。よいです、よいです。
シトー派は、極端に質素を重んじ、粗衣粗食、激しい労働、寝床は板、あるいは石の床に藁を敷いただけ。
冬はめちゃくちゃ寒かったでしょうねー[もうやだ~(悲しい顔)]
だからほとんどの修道士が若死したということです。
厳しい生活の中でも気候のよい季節はめぐってきます。そんなひととき、この聖堂で神に祈りをささげるのは、心きよめられる、素晴らしい体験だったのではないでしょうか。
私一人の旅ならば、聖堂に座りこんでぼーっとした時間を過ごしたいところですが、
ヒコが「怖い」というので、回廊に出ました。

siruva-3.JPGsiruva-4.JPG
回廊の、内と外です。

siruva-5.JPG
ヒコは来る途中、車酔いに苦しみました。でも、きれいな空気の中で元気回復。
記念写真を撮ってあげました。
私は一喝。
「こんな場所で、Vサインなんか出してふざけるんじゃない!」
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

Mr.Family Ciub 宮本 寛さん [PENTAX]

miyamoto.JPG
これまでにインタビューしたMr.Family Ciubu178人のうち、40代の方は指折りかぞえるくらい。
表現の世界でその人らしい境地に達するには、年季が必要ということでしょうね。
その中で宮本さんは、若い。精進のほどがしのばれます。
とくに印象的だったのは、昨年の「PENTAX RICOH PHOTO ANNUAL」掲載の、「夏の鋭光」でした。
大胆。新鮮!
お会いして話を聞くと、工夫がすごい。
たとえば、渓流のよどみに渦ができ、渦の中で落ち葉がくるくる回っているとき、落ち葉の動きをどう写すか。
シャッター速度の加減によるのですが、その割り出し方を宮本さんは明快に説明してくれました。
三脚に固定したカメラに傘をさしかける装置は、自動車整備士の技術でもって、自作。
名前もちゃんとつけました。「アメニモマケズ」。
「僕の望む表現には、フィルムの描写特性の方が」とPENTAX645NⅡを愛用。
しかし、フィルムの整理にはパソコンを巧みに活用しています。
若さの活力を感じたインタビューでした。
nice!(3)  コメント(0) 

再びフランス・ロマネスクの旅-5 [旅気分]

ekusu2.JPGekusu1.JPG
エクサンプロヴァンスの夜と朝
10月17日、マルセイユから列車でエクサンプロヴァンスに移動。
明るいうちにホテルに入りました、、
ホテルの部屋はロフトがあり、グレーを基調とした内装もいい雰囲気。
ヒコは「かっこいい!」と大喜び。
私一人の旅ならば、街の探索に出かけてカフェでおやつを食べ、夕食抜きで寝てしまうところですが、
ヒコは時差ボケにやられたらしく、午後になるとだるいようです。
「一風呂浴びて昼寝すれば?」といいました。
これが裏目に出た[がく~(落胆した顔)]
しばらくして、「カギが開かない!」と叫び声。
内側からロックしたら、固くて開けられないというのです。
私はフロントに走り、フロントが合鍵を探している間に、ヒコがエレべーターからあらわれました。
「体あたりしてカギを回したら開いた」
そうでした。私、これまでの旅で経験したんです。日本のカギみたいにスイと開かなくてあたりまえの世界だということを。。
バリアフリー、どうなってるの?
ヒコ、「シャワーが水だった」
私、「旅ではいろいろ経験するね」
日が落ちてから、食事に出かけました。ホテルのレストランは見るからに敷居が高いので、敬遠。
隣にイタリアンの店がありました。
ヒコは大好物のカルボナーラを注文。
うめき声を発しながらかきこんでいます。
「どした?」
「おいしい、でも食べきれない」
ほんとにすごいボリューム、私も味見しました。たしかにおいしい。
レストランを出て、ホテルの近くの広場にきました。
快適な宵です。
あとで気がついたのですが、エクサンプロヴァンスは泉の町。
広場には、大きくて素敵な噴水があったらしい。もうちょっと散歩すれば見られたのに。残念。
部屋に戻って私がバスを使ったときはお湯が出ました。
さっきはまだ沸いていなかったのね。

ekusu3.JPG
10月18日朝。部屋の窓から見えた情景です。
ここまでは、私の旅の通過点。
いよいよ今日から、目的のロマネスクと対面です。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

再びフランス・ロマネスクの旅--4 [旅気分]

maruseiyutennto.JPGmaruseiyu-hune.JPG
マルセイユの海
プチトランの出発点に戻りました。午後3時半に列車でエクサンプロヴァンスに移動するのですが、まだ昼前。散歩しようと、さっき見た、屋上に赤い旗を林立させていた建物にいってみることにしました。
近づいてみると、昔の要塞のようです。要塞と並んで、「ヨーロッパ地中海文明博物館」がありました。
残念、今日10月17日は火曜で定休日。
旧港の外に出たあたり、ここが新しい港なのでしょう、大型の観光船が停泊していました。
白いテントのような建造物は、なにかしら?

maruseiyuumi.JPG
要塞を取り囲む岸壁の下の海。水は澄み、小さな魚の群れも見えました。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行