So-net無料ブログ作成
検索選択

百人町界隈-1 [散歩や道草]

okubo-eki.JPGokubo-biru.JPG
大久保駅地近くのスタジオに、ピラティスの講習を受けにちょっと通いました。
真夏になる前、蒸し暑い季節のことです。
右は大久保駅の外壁。左は近くにあるカフェ。
カフェを撮っていたら、若い女性が出てきて、「写真好きですか」と話しかけられました。
メニューを聞くと、エスニック風無国籍料理といいましょうか。
この辺はダンスなどのスタジオが多いそうです。通ってくる若者に人気がありそうなお店です。
お店の名前を聞いたら、「MKCAFE」と、きれいな字で紙に書いてくれました。
このカラフルなビルは大久保駅のプラットホームからも見えます。

okubo-garasu .JPG
ピラティスの講習に6回通った、ダンススタジオ。更衣室では、午後でも「おはようございます」の声々。
芸能界特有の挨拶ですね。プロや、プロを目指す人たちがきているようです。
この界隈、中国・韓国・中東・日本の文化が入り乱れ、昼はダンスの若者たち、夜は居酒屋が店開きと、いつもどことなくざわめいています。
そんな中で、ただ一つ見つけた静かな情景。ダンススタジオの階段の窓です。

ハッピーな午後-4 [散歩や道草]

gunnka3.JPG
Bunkamura、ドゥマゴの前に雑貨などの屋台が出ていました。巴里祭なんだとか。ああ、今は7月ですものね。
こまごまとしゃれたものがあります。子供たちに小さな土産を買い、
勢いあまって、自分のハンカチや、ブレスレットまで。
この日のコーディネートは茶色と白で、アクセントに珊瑚色を少々。
そこに、注文したかのような色遣いのブレスレットが、千円なんだもん。
この日も持ち歩いていた籠バッグの上に置いて、撮ってみました。

ハッピーな午後-3 [散歩や道草]

doumago.JPGdoumago3.JPG
Bunkamuraの地下のカフェ、ドゥマゴに集う人たち。
ここは、すぐには席がないことが多くて、ちょっと待ち、はじめて座れました。
天井の中央が吹き抜けになって、いい光が落ちてきます。
デュフィを堪能したハッピーな気分の延長で、図録を眺めたりして、しばらくのんびり。
デュフィはテキスタイルデザイナーでもあります。楽しい柄もののプリントの、元祖だとか。
あらら、右の写真の人、まるでデュフィを着ているようではありませんか。

doumago4.JPGdoumago2.JPG
自分がハッピーだと、そこにいる人、みながハッピーなんだと思えてきます。

ちょっとの散歩-5 [散歩や道草]

naka-gaitou .JPG
丸の内中通を抜けて、東京駅の見える大通りに出ました。
この街路灯、似た感じのものをほかでは見たことがなくて、
古風なような、新しいような、ちょっとクセのあるデザインが気になるけれど、
形がすっきりしていて、
この街で見ると、やはりいいなあと思います。
タグ:街路灯

ちょっとの散歩-4 [散歩や道草]

naka-kaunnta.JPGnaka-asiato.JPG
え? これはなんの数字?
よく見るとカウンターと書いてありますが、なにを数えているの?
ビルのなか、ガラス越しに植物が見えます。
動物の足跡もあるではありませんか。
丸の内中通のなかでは、異空間といえます。

naka-suisou.JPG
海もあります。イソギンチャクがうごめき、魚が泳いでいます。
ここは、「MCフォレスト」という施設らしい。
うちに戻ってからネットで調べると、人と自然の共生を目指す、企業理念の表明の場とわかりました。
ただし、赤いネオンの数字がなんのカウントなのかはわからずじまい。
今度、ゆっくりできるときに入ってみよう。

ちょっとの散歩-3 [散歩や道草]

naka-kirinn.JPGnaka-koukoku.JPG
丸の内中通、茂みのなかにシマウマが鎮座。
去年はこの近辺でステンレスのバッタを見かけたけど…
街路灯には美術展の広告が。

ちょっとの散歩-2 [散歩や道草]

naka-kannbann.JPGnaka-kannbann2.JPG
新幹線の切符を買う必要があったので、東京駅まで歩くことにしました。
丸の内中通には、独特のおしゃれなセンスが横溢しています。
基本は上等で上品。抑えめななかに忍ばせた斬新さといおうか、ウイットといおうか。気持ちがいいです。でも、ちょっととっつきにくいところも…
珍しく手描きの絵の看板がありました。
シモキタならそこらじゅうで見られる感じのものですが、中通で目についたのはここだけ。

ちょっとの散歩-1 [散歩や道草]

naka-kafe.JPGnaka-kafe2.JPG
ある午後、早めに用事が済んだので、出光美術館に「鉄斎展」を見にいくことにしました。
鉄斎の、自由闊達さが好きなんだけれど、
わああ、展示室、こうも冷房が効いていてはねえ[もうやだ~(悲しい顔)] あちこちでクシャミや咳が聞こえます。
作品はすべてガラスのなかに展示されているからでしょう、普通なら必ずいる、番人がいません。
だから展示室の温度には、美術館側は気がつかないんだな。
鉄斎をたくさん見たというだけで、ちょっともまったりできずに外に出ました。

とにかく温まらなくては。
丸の内中通でカフェを探し、空調の風がこない席を選んで座りました。
たっぷりのコーヒーと、ほんわり甘いパンが慰めてくれました。
変わった椅子があったので、シャッターを1回。
隣の席の人の靴と、靴の影も写りました。思いがけないものが画面に入ってくれるから、写真は面白い。

歌舞伎座の形 [散歩や道草]

ginza-1.JPGinza-2.JPG
たまたま通りかかった歌舞伎座。晴れて、いい光線だったので撮ってみました。
歌舞伎は好きだけれど、歌舞伎座が新しくなってから、まだ観にきていません。

ginza-3.JPGginza4.JPG
写真右は、歌舞伎座のすぐわきを入ったところで見かけた料理店。
雰囲気が似ています。
タグ:歌舞伎座

六本木の小路‐6 [散歩や道草]

tyuukaninngyou .JPGtaisouzai .JPG
ちょっと不気味な笑い顔の子供。わきにゾウさん。この店は何の店?
もう一方はバイタリティあふれる笑い顔。タイのお総菜屋さん。この看板はわかりやすいです。
でも、どちらの店も営業していない。この界隈、まったく夜の街なんですね。

ninomiyasonntoku.JPG
ええっ? こんなところに二宮尊徳さん。
場所は、夜の街とミッドタウンのある大通りの接点あたりです。

国立新美術館から、大きな通りを通ってミッドタウンに出るには、直角三角形の2辺を歩くことになります。
今きた道は斜辺を通って、直線で200メートル。
その200メートルの道からさらにわき道を覗きはしたけれど、それでもせいぜい300メートルしか歩いていません。すぐそこの大通りを走る車の音がしているほど。
しかしここは異界でありました。いやはや驚いた。
タグ:夜の街 異界