So-net無料ブログ作成
検索選択

ちょっとディープなフランス-25 [旅気分]

kebu .JPG
ケ・ブランリー美術館
今回の旅の目的は、フランスの田舎に残るロマネスク美術を見ること、パリのケ・ブランリー美術館を訪ねることでした。2001年、ルーヴル美術館で迷いこんだ部屋に、アフリカンアートのコレクションがありました。
わ、すごい[わーい(嬉しい顔)] そこにはこんなただし書きが「このコレクションは、近い将来、新しくできる美術館に展示されます」。おー、そうなんだ!
2007年の芸術新潮3月号に、「パリのびっくり箱 ケ・ブランリー美術館へいこう!」。という特集が。
これだわ、私が待っていた新しい美術館は。
1枚目の写真は、アフリカの木の匙。祭祀用と考えられます。
スプーンのコレクターとしては、見逃せません。

kebu1.JPGkebu2.JPG
kebu3.JPGkebu4.JPG
kebu5.JPGkebu6.JPG
美術館のなかは暗く、部分的に強く照明されています。目がチカチカする~。
充実しているのはアフリカとオセアニアのもの。素晴らしい[exclamation]
これらの写真は、アフリカとオセアニアだったと思う。
一部を除いて撮影OKです。不思議なのは、古代中国の青銅器が×なこと。わけわからん。
見ていくうちに、???なことがたくさん出てきました。ケ・ブランリー美術館の学芸員さん、日本は大阪の民博や駒場の民藝館で勉強なさったら?
などとつぶやきながら、2時間以上も入り浸っていました。

ちょっとディープなフランス-24 [旅気分]

madore-mu seidou .JPGoperza.JPG
[晴れ]4月下旬から、1年1度の私にとっては大きな仕事で、書きに書いていました。ようやく終わった。
 ブログ再開です。

パリの街
左はマドレーヌ大聖堂。ギリシャ神殿みたいですが、カトリックの教会です。この近くのホテルから徒歩で出発。
右はオペラ座。以前パリにきたときは、ここを起点に行動したので、なんだか懐かしい。
まず向かったのは、手芸材料店のラ・ドログリー。ビーズやリボンなど、コラージュの材料を調達。

tyuiruri-kouenn .JPG
セーヌ河畔に出て、チュイルリー公園。あら、マイヨールの彫刻が。

se-nu.JPGarekusnnroru.JPG
セーヌ川、そしてセーヌで最も派手な(たぶん)橋、アレクサンドル3世橋。
ここまで歩いて、目標のエッフェル塔が近くに見えるのに、とうとうへたりました。

norimkono.JPG
アレクサンドル3世橋のあたり、人力車のバイク版みたいな車が客呼びをしています。
ケ・ブランリー美術館まで20ユーロという。もしかしてタクシーより高いんじゃないの? でもくたびれてるからしかたない。
ドライバーは西アジア系の若者。サービスに流してくれた音楽は、彼のお国の音楽のようでした。

keburanri-.JPGaparutoman.JPG
赤い建物がケ・ブランリー美術館。
白っぽい建物は向かいにあるアパ-トメント、屋根に煙突が並んでいるのでびっくり。
部屋ごとに暖炉があるのでしょう。フランスでは、暖炉は過去の遺物でなく、現役なのかな。

se-nu-yuugure.JPGkonnkrudohuroba.JPG
帰り道、コンコルド橋から振り返ると、きれいな夕焼けでした。エッフェル塔があるから風景がサマになる。
秋の日はたちまち暮れ、コンコルド広場は車の渦。