So-net無料ブログ作成
検索選択

ちょっとディープなフランス-23 [旅気分]

o-tan-b.JPGo-tan-a.JPG
オータンの古代遺跡
10月25日、今夜はパリですが、午前中はオータン滞在。
古代ローマの劇場跡があるというので出かけました。
ホテルから1キロ以上はあるようですが、地図を見ると道は単純。安心して、てくてく。
住宅街が尽きたところに変わった家が一軒ありました。なにこれ[わーい(嬉しい顔)]
壁に彫刻がはめこんであります。古そう。古代ローマのものじゃない?
出土物でしょうけど、この辺、ざくざく出るのかな。
美術館に収めるほどの美術的価値はないのだろうけれど…この建物は郷土史館とか?
それにしてはこじんまりした建物です。それらしい標識もない。個人住宅らしく思えます。
今は留守のようですが、空き家ではないらしい。
垣根も何もないので近づいてみました。裏に、駐車スペース1台分。
裏の彫刻が一番面白かった(写真左)。ロマネスクの浮彫に通じるものを感じます。
そういえばロマネスクとは、ローマ風という意味だったよね。

o-tan-c.JPGo-tan-d.JPG
奇妙な家のすぐ近くに、石造りの観客席が。これが古代ローマの劇場ですね。舞台は残っていません。
帰り道、これもローマ時代の城壁の門だとか。
門をくぐったところにパンとお菓子の店があり、覗いてみました。おしゃれな店です。
オヤツを一つと思ったけれど、みな巨大。
一番軽そうな、メレンゲを固めたようなお菓子を買いました。チョー甘かった。

o-tan-e.JPG
ホテルに戻り、コーヒーを頼んでバスの時間待ち。
あれ? 外の風景、モノクロです。100年くらい前にタイムスリップしたみたい。
じつは格子の向こうが食堂で、風景は食堂のガラス壁なんですが、
眼の錯覚なんでしょうか、実際の風景のように見えるのです。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: