So-net無料ブログ作成
検索選択

ちょっとディープなフランス-22 [旅気分]

o-tan1.JPG
オータンの街
オータンにきた理由は、ロマネスクの浮彫の傑作2点を見たいからです。
「眠るマギへのお告げ」は、サン・ラザール大聖堂の中の展示室に、
「イヴの誘惑」はロラン美術館にあるはず。
大聖堂をひとめぐり、ふためぐり、展示室、どこー? 隅の小さな階段のわきにそれらしい表示を見つけ、いそいそと近づいてみれば、階段の下に紐が渡してあります。ただいま非公開?[ふらふら]

さてロラン美術館、こちらは昼休みが長く、14時まで入れない。
散歩して、おなかがすいていないのにカフェでサラダを食べて、広場でリンゴをかじって、まだまだ。
14時きっかりに勇んで駆けこんでみれば、  ???
近代美術の小品がちょこちょこ並んでいるばかり。美術館をまちがえたか。
受付に戻って、「イヴ」の写真を見せ、「これは?」と聞くと、「パリ」とか「シャトー」とかいう。
フランス語しか話さいないので、ここにない、ということしかわかりません。
あとで、近くの店に入り、聞いてみました。
「パリの美術館にいっています。いつまでかはわかりません」
英語で丁寧に答えてくれたけれど、慰めにはなりません。

オータンには、こてんぱにふられた。オータンは、シーズンオフの観光客には目もくれないんだ[ちっ(怒った顔)]
仕方なくホテルに戻る道すがら、マネキン人形も意地悪そうです。

o-tan2.JPGo-tan3.JPG
オータンは都会だから、チーズや果物を買える店があるかな。
ホテルで、私のブロークン英語は通じないらしい…単語を並べてみる…パン、チーズ、果物… 
すると、「スーパーマーケット?」
「そう、それ!」
いってみると、「SUPERMARKET」と大きな文字が。フランス語でもスーパーマーケットなのね。
望みどおりに買えました。ヤギ乳のチーズ、おいしかった。
途中には、昔ながらの小さなお店もありました。素敵です。時間外なのか、人はいません。

o-tan4.JPGo-tan5.JPG
厨房用品の店。鍋もガス台もみなでかい。フランスの家庭の台所は広いのでしょうね。
大きな台所を持てる暮らし。フランスという国の底力を感じました。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

銅鍋

大きいですね~でもパリはアパートが多くてキッチン狭いはずなのになんだか不思議。

あっ、はじめまして美魔女ならぬジャム女です。前のジャム瓶のシリーズを読んでのコメさせてもらいました。
私はイチゴといちじくとプラムは必ず作ります。手間は同じなのでわりとたくさん作ります。
となるとガラス瓶が要ります。仰る通りビンのフタが大変。
チマチマっと小分けがめんどくさいので大きい瓶に要れますがこれが大変、フタが。
ボンヌママンの750サイズの替えフタがなくて。
国産で買えるフタのサイズは82センチが最大径なんです。
あのボンヌのフタはどこで売っているんでしょ?(笑)

by 銅鍋 (2017-05-08 18:23) 

tree2

銅鍋さま
はじめまして。
パリにお住まいだったのですか。パリは大都会だから、広々とは住めないでしょうね。オータンは地方の小都市なので、家が広いのですよ、きっと。個人住宅が結構ありました。
ジャムの瓶、私はもらい集めです。協力者から段ボールで届きます。
中身を入れて返すわけです。
自家消費よりあげる方が断然多いです。なにやってんだか(笑)
定番の種類は、柚子、金柑、苺、甘夏、梅、プラム類、ブルーベリー、葡萄、無花果、洋梨、林檎。材料が手に入れば、グアバ、ルバーブも。
果物ごとに自分流の計算式があり、それに従って作ります。
以前のブログ(プロバイダ消滅)にいろいろ書いたのを見て、
NHKが取材にきました。電卓でジャムを作っているヘンな人! ということだったようです。
今度のブログにもジャムづくりを投稿しようと思っているのですが、写真を撮るのを忘れてジャムが完成してしまったり…で半端になっています。
今後とも、どうぞよろしく。
by tree2 (2017-05-08 23:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0