So-net無料ブログ作成

ちょっとディープなフランス-15 [旅気分]

vvi-2.JPGvi-1.JPG
ノアン・ヴィック  サン・マルタン聖堂
ここにきたかった[exclamation]
自分の本棚で、いつ買ったとも記憶がない「フランス古寺巡礼」(岩波写真文庫1955年版の復刻版)を見つけたとき、いきなりロマネスクの聖堂にのぼせてしまいました。
のぼせの原因の最大のものは、ここ、サン・マルタン聖堂の壁画。もうひとつがショーヴィニーのサンピエール聖堂の浮彫でした。
10月22日、シャトールーからバスで30分、ノアン・ヴィックに到着。素晴らしい晴天です。
ノアン・ヴィックは二つの集落を合わせた名前で、ホテルがあるのはノアン。サン・マルタン聖堂があるヴィックとは2キロ離れています。
ホテルに荷物を置くなりでかけました。今バスできた道を戻ることになるのですが、バスは、1日に数便しかない。二つの集落合わせて人口400人のこの場所にタクシー会社はないらしい。
歩くほかはありません。
素晴らしい田園風景のなかを気持ちよく歩き、到着。
なんて愛らしい聖堂でしょう。
左は正面、右は後ろ姿です。

vi-3.JPGvi-4.JPG
左、私がのぼせたのは、この像のモノクロ写真でした。ある本には予言者の像と書かれ、別の本にはモーセと書いてあります。私にとっては、どちらでもいい。この像、そのものが好きなんだから。
右はキリストだそうです。最後の審判のキリストでしょうか。丸顔のキリストの像、はじめて見た。
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 2

アヨアン・イゴカー

漫画のような顔で、愛嬌がありますね。
by アヨアン・イゴカー (2016-12-19 23:18) 

tree2

ロマネスクの棟方志功だという人もいるけれど、私は、ロマネスクの画家も棟方も、それぞれだと思う。
そもそも、作った動機がちがう。棟方は個の表出だし、ロマネスクは集団の祈りを背後にもっています。奈良の仏像を見て感じるのも、集団のエネルギーを背負った造形のパワーです。
ロマネスクの美術に共通なのは表現のたくましさに加え、いきいきして、暗い表情がないことじゃないかしら。ショーヴィニ-のバケモノにしても、ここの聖者にしても。
たぶん、私が惹かれるのはその点です。
by tree2 (2016-12-20 11:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0