So-net無料ブログ作成

ちょっとディープなフランス-14 [旅気分]

sya-0.JPGsya-1.JPG
シャトールー
シャトールーに1泊しました。ショーヴィニーから第3の目的地ノアン・ヴィックへ行くための中継地点です。
10月20日の夕方にショーヴィニーに到着。21日はショーヴィニー観光。
その夜、20時32分発のバスでシャトールーに向かいました。遅すぎないかって? そうなんだけど、ショーヴィニー→シャトールーのバスは、午前と午後の2本しかないのです。
荷物は前夜泊まったホテルに置かせてもらっていたので、日が暮れてからは、バスの時刻までホテルのロビー(というよりは狭い受付)にいさせてもらいました。
バスは暗闇のなかをひたすら走り、約2時間。終点のシャトールーに着いたのは22時20分くらいでした。
ホテルはバスターミナルのまん前です。
明けて10月22日、ノアン・ヴィック行きのバスは12時15分なので、午前中はシャトールーを散策。
ホテルのすぐ横に古そうな聖堂がありました。写真左は聖堂の裏側だと思いますが、カフェが、聖堂にぴったりくっついて建っています(写真右)。
聖堂にそって道があるので、進めば正面に回れるはず。ところがほかの建物にふさがれていました。
反対側にいってみると、学校の敷地と隣接しており、入れません。あーあ[バッド(下向き矢印)]
少し離れた場所に立派なゴシックの聖堂があります。こちらは現役、中に入れます。
でも私、今度の旅では、ロマネスクに浸りたいの。ゴシックは派手すぎる。

sya-2.JPGsya-3.JPG
ホテルの横の通りです。1階は店舗、上はアパートメントらしい建物が並んでいます。
なに、あれ[がく~(落胆した顔)]
単なる屋根の飾りなんでしょうね、人が入れる空間はなさそう。
バカバかしく(ごめんなさい)手がこんでいます。この部分を作るにたくさんおカネがかかったでしょう。
右の写真には煙突も写っています。こんな煙突は方々で見ます。
まだそれほど寒くないですが、冬になったら実際に使われるのでしょうか。

sy-4.JPGsya-hotate.JPG
泊まったホテルのレストラン。ここで朝ごはん食べました。椅子はワンピースを着ています。
写真右は、道路に埋め込まれた巡礼路の印。
j巡礼路は4本あるそうだけれど、シャトールーはどの道になるのかしら。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

グリンクリン

 椅子はワンピースを着ています
まあ素敵、しっかりアイロンがけしてありタックまでがゆとりを感じさせますね。
by グリンクリン (2016-12-14 15:01) 

tree2

フランスのエスプリ、ですよね。こういうセンスは日本にないのじゃないかな。
特別なホテルではありません。朝食こみで、1泊67ユーロ。朝食はパンとコーヒーだけでなく、一応いろいろそろってました。バスタブなしの、フツーのホテルです。
今回の旅で嬉しかったことの一つが、公共のトイレが、どこも掃除したばかりといった清潔さだったことです。ただし、0.5ユーロのコインを用意していないと使えないところもありました。
by tree2 (2016-12-16 11:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0