So-net無料ブログ作成

ちょっとディープなフランス-13 [旅気分]

syo-syo.jpg
ショーヴィニー 博物館など
サン・ピエール聖堂のバケモノたちをたくさん撮って、ただ一軒開いていたカフェでお茶しても、まだ真昼。
おなかはすいていないから、カフェに長居もできない。
広場の周囲にはアーティストのアトリエ兼店舗がいくつかありました。芸術家村といった感じです。
服やマフラーの店。貴石と創作アクセサリーの店。ここでユニークなペンダントを見つけ(安い)、購入。
オリガミの店があったのには驚きました。オリガミ作品を室内の装飾品として売っているのです。日本で最もポピュラーなツルもありました。紙は洋紙で、非常に正確に折られ、かっちり・すっきりできています。お店にいた若い女性が作者のようでした。
お店の様子を撮りたいけれど、なにも買わないのだから撮らせてとはいいづらい。残念。
MUZEESと、小さな標識があったのでいってみたら、開館は2時30分。
広場の中心にある彫刻は、よく見たら少年ではなく少女でした。
少女のわきに座って、時間待ち。

syo-a.JPGsyo-b.JPG
博物館は、まずエレベーターで最上階にいきます。屋上に出てみると、素晴らしい展望。
あれ? あの煙はなんだ? 写真左の中心部を望遠でアップすると右の写真。
巨大な煙突なんでしょうが、煙突というよりは塔のような太い建造物がふたつ。
その片方からもくもくとわきあがる煙。みな雲になって、空を埋めつくしているかのよう。
工場があるのでしょうが、非常に遠いので、それ以上わかりません。
博物館は最上階の先史時代にはじまって、下にいくにしたがい、、ローマ時代、中世、産業革命以後と、ショーヴィニーの歴史を展示してあるようでした。フランス語は読めないけれど、モノが語っています。
ショーヴィニーは水に恵まれ、近代には工業が栄えた豊かな都市のようです。繊維産業と窯業が盛んであったらしい。蒔絵のまがいものも作られいたようです。これは日本人の私から見ればご愛嬌。
でもこの丘の城址については触れられていないようで、残念[もうやだ~(悲しい顔)]

syo-c.JPGsyo-d.JPG
これは古い時代の水がめでしょう。いいなあ。駒場の日本民藝館にほしいね、こういうの。

syo-e.JPG
今回の旅行の典型的晩ごはん。朝食のとき、もらってきたパンとチーズ。街で買った果物。
旅行では、夕食をたべすぎると翌日に疲れが残ること、体験ずみ。
この程度にしておくのが無難です。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

アヨアン・イゴカー

原発2基のように見えますね。ちょっと調べてみましたが、
Belleville(東方向)にあるようです。が、位置的にどうなんでしょう。
甕は、日本の物に共通の感性を感じます。
by アヨアン・イゴカー (2016-12-13 12:04) 

tree2

アヨアン・イゴカー様
いつも見てくださって、ありがとうございます。
おっしゃるように、煙の方向は二つの理由から東だと思います。
①前回投稿した広場の写真。カフェに、正面やや左寄りから光がきています。撮影した時間は午後2時頃。カフェを背にして立つと、煙は左方向にありました。東ということですね。
②煙の写真を拡大してみると、平野の木々が横一線で途切れ、むこうに細く青い帯が並行して見えます。木々と青い帯との間に、幅の広い谷があると考えていいでしょう。地図を見ると,LA VIENNEという大きな川が、南北に流れています。煙を出している建造物は、青い帯のとことにあります。そうでした。原発には水が必要でしたね。
でも知らなかったなあ、原発が煙を吹くとは。
by tree2 (2016-12-14 01:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0