So-net無料ブログ作成
検索選択

ちょっとディープなフランス-12 [旅気分]

jyoui-1.JPGjyoui-2.JPG
ショーヴィニ- サン・ピエール聖堂のぐるり
聖堂のある場所は平野のなかぽっこり盛り上がった丘の上で、中世の城砦が今も一部をとどめています。
この朝、ホテルで道を聞いたら、「あっち」といった程度の返事しか聞けませんでした。 
街に出て、歩きながらお年寄りをつかまえること5人。5人目の人が「あれだよ」と指さしたのは、坂の上の崩れかけた城壁です。
近づいても、聖堂の入口らしいものはない。ぐるっと回ってみよう。あとでわかったことは、左にいけばよかったのです。なんとなく右の方にまわったら、いけどもいけども岩山と岩にしがみつく石の集積。
だんだん下って、城址の下の道路に出てしまいました。ここは現代で、車がビュンビュン。
城址に沿って進んでいくと上り坂が見つかり、どうにかこうにか聖堂にたどりつけたのでした。

jyousi-4.JPGjyousi-5.JPG
古びたものもが好きな私は、崩れかけた石の壁にわくわく。
写真左は、建物の形をとどめているので入れるかと期待しましたが、ダメ。
写真右は、この建物をとりまく高い石塀の、矢筈でしょう。曇っていなければ向こうに青空が見えるんだけど。

jypoui-7.JPGjyoui8.JPG
上の写真の建物と広場を隔てて向きあっている城址。木製の橋が架かっています。
これに似た情景、見たことある…ベルイマン監督の映画「沈黙」だったかな。主人公の騎士が十字軍から帰って、長年留守にした自分の城砦に入っていく場面。
橋を渡ってみましたが、ここも入れません。ときに野外イベントに使われるのか、看板やポスターが残っていました。
なかを見た~い!
ほとんど壁しか残っていないけれど、壁の内側には、建物の構造を想像させるいろんなものが見えます。
こんど思い出したのは。小説「薔薇の名前」のラストシーンです。主人公の修道士が、以前滞在した修道院の焼け跡を訪ねます。一部に、壁に沿った回廊が残り、回想を呼び起こす…
うちに帰ったら、もういちど、「薔薇の名前」を読んでみたくなりそう。 
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0