So-net無料ブログ作成

ちょっとディープなフランス—8 [旅気分]

asnjyaku-1.JPGsannjyaku-2.JPG
コンクあれこれ
2泊したホテルの名前は、オーベルジュ・サン・ジャック。サン・ジャックは聖・ヤコブのこと。入り口に、巡礼姿の聖人の像がありました。オーベルジュの意味は日本語の割烹旅館に近いのかな。宿泊だけでも、食事のためだけにきてもいいようです。
到着した夜。パンや果物を売っている店を見つけられなかったし、昼はコーヒー一杯だったと気がついて、夕食を予約しました。 「1皿だけ」といったのですが、ディナーのコースのうち、1皿にするか2皿にするかしか選択肢はないようで、魚の皿にしました。
まず出てきたのは大きなボウル(ラーメン丼に近い)になみなみと白いスープ。ジャガイモと麦粉が半々?
薄味で、はじめはおいしく感じたのですが、量が多すぎて、しまいには味を感じなくなり、「舌切り雀」の雀になったような気分。
さて、魚の皿。大きな皿いっぱいに、赤い豆が敷きつめられ(芯が残っている)、中央にこれまた大きなタラの塊。薄味の好きな私でも塩気を感じないくらい。タラはかなりにおいます。食卓には塩も胡椒もありません。
うー。スープを完食しなければよかったなあ。
旅行案内によれば、郷土料理の味のようです。海から遠い地域の昔の暮らしを考えると、納得。カメラを取り出す気力も失せ、1/3で敗退しました。
30人あまり入れそうなレストランは満席。大部分、食事にきた人たちのようでした。
写真左は、翌朝の朝食。パンとコーヒーのフランス式でした。果物は好きなだけとっていい。これは嬉しい。
写真右は、部屋の鍵です。なぜか二つありますが、片方はなんのため?

kon-mise.JPGkon-sarada.JPG
翌日。観光客の多いシーズンにはこの店も開くのでしょう。
3時頃、1軒だけ開いていたカフェで昼ご飯。栄養満点、 これがサラダなんだから。もう夕食はいらない。

kon-neko.JPGkon-happa.JPG
バス停の近くで毛づくろいしていた猫。カメラをどんどん近づけても平気です。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0