So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

再びフランス・ロマネスクの旅-5 [旅気分]

ekusu2.JPGekusu1.JPG
エクサンプロヴァンスの夜と朝
10月17日、マルセイユから列車でエクサンプロヴァンスに移動。
明るいうちにホテルに入りました、、
ホテルの部屋はロフトがあり、グレーを基調とした内装もいい雰囲気。
ヒコは「かっこいい!」と大喜び。
私一人の旅ならば、街の探索に出かけてカフェでおやつを食べ、夕食抜きで寝てしまうところですが、
ヒコは時差ボケにやられたらしく、午後になるとだるいようです。
「一風呂浴びて昼寝すれば?」といいました。
これが裏目に出た[がく~(落胆した顔)]
しばらくして、「カギが開かない!」と叫び声。
内側からロックしたら、固くて開けられないというのです。
私はフロントに走り、フロントが合鍵を探している間に、ヒコがエレべーターからあらわれました。
「体あたりしてカギを回したら開いた」
そうでした。私、これまでの旅で経験したんです。日本のカギみたいにスイと開かなくてあたりまえの世界だということを。。
バリアフリー、どうなってるの?
ヒコ、「シャワーが水だった」
私、「旅ではいろいろ経験するね」
日が落ちてから、食事に出かけました。ホテルのレストランは見るからに敷居が高いので、敬遠。
隣にイタリアンの店がありました。
ヒコは大好物のカルボナーラを注文。
うめき声を発しながらかきこんでいます。
「どした?」
「おいしい、でも食べきれない」
ほんとにすごいボリューム、私も味見しました。たしかにおいしい。
レストランを出て、ホテルの近くの広場にきました。
快適な宵です。
あとで気がついたのですが、エクサンプロヴァンスは泉の町。
広場には、大きくて素敵な噴水があったらしい。もうちょっと散歩すれば見られたのに。残念。
部屋に戻って私がバスを使ったときはお湯が出ました。
さっきはまだ沸いていなかったのね。

ekusu3.JPG
10月18日朝。部屋の窓から見えた情景です。
ここまでは、私の旅の通過点。
いよいよ今日から、目的のロマネスクと対面です。
nice!(3)  コメント(0) 

再びフランス・ロマネスクの旅--4 [旅気分]

maruseiyutennto.JPGmaruseiyu-hune.JPG
マルセイユの海
プチトランの出発点に戻りました。午後3時半に列車でエクサンプロヴァンスに移動するのですが、まだ昼前。散歩しようと、さっき見た、屋上に赤い旗を林立させていた建物にいってみることにしました。
近づいてみると、昔の要塞のようです。要塞と並んで、「ヨーロッパ地中海文明博物館」がありました。
残念、今日10月17日は火曜で定休日。
旧港の外に出たあたり、ここが新しい港なのでしょう、大型の観光船が停泊していました。
白いテントのような建造物は、なにかしら?

maruseiyuumi.JPG
要塞を取り囲む岸壁の下の海。水は澄み、小さな魚の群れも見えました。
nice!(3)  コメント(0) 

再びフランス・ロマネスクの旅-3 [旅気分]

ma-1.JPG
マルセイユのプチトラン
これがプチトラン。軌道を走るのではないですが、先頭は汽車ぽっぽの形をしています。
子供が喜びそう。でも、この時の乗客はヒコ以外、みな大人でした。

ma-2.JPG
まず海に沿った道を走ります。
デュマの小説「モンテクリスト伯」で知られたイフ城が見えます。

ma-3.JPGma-4.JPG
プチトランは住宅街にさしかかり、結構急な坂道をすっとばします。
小さいとはいえ3輌の客車を連結して、くねくね曲がった狭い道をすいすいと…
プチトランのドライバーはすごい。
風光明媚なマルセイユの街、もっとゆっくり見たいよー。
丘の上に着きました。
さっき下から見ていた、ノートルダム・ド・ラ・ギャルド聖堂があります。
聖堂の横の広場からマルセイユの街が一望できます。なんてきれい[わーい(嬉しい顔)]
nice!(3)  コメント(0) 

声明と万燈の夜 [アートな時間]

kannzouinn-1.JPG
今日は、フランス旅行の投稿をちょっと脱線。

11月3日、仏画展・声明・万燈の催しに誘っていただきました。
ところは練馬区の曼荼羅寺観蔵院。
現代の画家、染川英輔さんが描かれた両界曼荼羅ほか、数々の仏画があります。
染川さんみずから、仏画の内容や技法を説明してくださいました。
まじかに、ゆっくり見たのははじめてです。筆勢の強さ、色彩の美しさ。
私は古い仏画しか見たことがありませんでしたから、
描かれたばかりの色彩はこんなだったんだと、目が洗われる思いでした。
この日は夕方から、お庭や本堂に万燈をともし、声明が演奏されます。

kannzouinn -2.JPGkannzouinn^3.JPG
広いお庭の奥の方まで灯された蝋燭が夢のようでした。
nice!(3)  コメント(0) 

再びフランス・ロマネスクの旅-2 [旅気分]

ma1.JPGma2.JPG
マルセイユ
10月17日午前9時、すこしもやっていますが晴れ。
ホテルに荷物を預けて、プチトランの乗り場へ。プチトランの営業は10時からなので、港の周辺を散歩。
ここは旧港というらしい。
港にはヨットのマストが林立しています。
古風なクレーン。絵になるなあ。

ma3.JPGma4.JPG
港越しにこれからプチトランで行く、ノートルダム・ド・ラ・ギャルト・バジリカ聖堂が見えます。
港に沿って歩いていくと、屋上に赤い旗を並べた建物が見えました。なんだろう。

ma5.JPG
じつは今回、一人旅ではありません。
11歳のヒコ(マゴモドキ)と一緒です。画面の右端を歩いています。
nice!(3)  コメント(0) 

再びフランス・ロマネスクの旅-1 [旅気分]

kuukou 2.JPG
去年、フランスに残るロマネスクの教会を訪ねました。
そのときは、タンパンや柱頭の浮彫、壁画に興味があったのですが、
今度は、装飾のない僧院などの建築に心を惹かれました。
で、もう一度。
10月16日、夕映えのシャルル・ドゴール空港へ。

kuukou .JPG
空港のビルの中。
私が好きな「夕ぐれのとき」です。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

梅干し日和 [ひとこと]

umebosi.JPG
去年も今年も夏中梅が干せませんでした。それほど雨の日が多かったのです。
9月も半ばを過ぎて、待望の晴れ。どうやら3日は続きそうです。
近年、市販の梅干しは人工的な味がついていて私の好みじゃないので、自分で作ることにしました。
ジャム作りには年季が入っていますが、梅干しをはじめたのは2014年だったと思う。
梅干しが一番おいしいのは3年ものだそうですが、2014年のは消費しちゃったので、
今食べているのは2015年製。でもいい味だと思う[わーい(嬉しい顔)]
減塩なんかしてませんが、本格的に作ったものはやはり違うと、自画自賛。
梅を干すネットは、以前、セーターを手洗いして干すのにいいとすすめられて買い、セーターには一度も使わなかったもの。70センチの正方形で、4キロの梅を干すのにちょうどいいサイズ。
竹のざるよりもずっと風通しがいいもんね。
我が住まいは、ひところの集合住宅によくあったウナギの寝床式で、南と北に開口部があります。両方を開けると、ベランダに出した梅にも風が届きます。今日の風は強すぎず、乾いていて、最高。
夜はネットごと家の中に取り込みます。
家のどこにいても、ウメとシソのいい香り。今夜はこの香りといっしょに寝みます。
nice!(3)  コメント(0) 

インドの布展 [アートな時間]

syuo-1.JPG
松涛美術館に、インドの布を見にいきました。
私は布でコラージュの作品を作っているので、インドの染物を少しばかりためこんでいます。
木版の捺染が、おおらかで好き。ちょっとずれていたり、にじんでいたり。
でも、私が持っている布は、催し物などで見かける、安いスカーフがほとんど。
本格的な印度更紗って、どんなかしら?
会場は写真撮影可。
この布はターバンだそうです。幅15㎝くらいのごくごく薄い布で、天井からカーテンのように吊り下げられていましたが、まだまだ長く、端の方は床に近い高さの台の上に巻いたまま置かれていました。
やわらかな色合い、細かな模様、金箔で模様をつけたものもあります。
わー[わーい(嬉しい顔)]ほしい、この布でコラージュ作りたい! 端っこ10㎝でいいから、ちょん切りたい[がく~(落胆した顔)]

syou2.JPG
松涛美術館は円筒型の建物で、中庭は池。噴水と、水のなかにある照明がしゃれています。
建物自体、じつにアートです。

syou3.JPGsyou4.JPG
左は二階の廊下。夕陽の光が床に射しこんでいました。
右は廊下の窓から、中庭をはさんで見た向こう側。
nice!(3)  コメント(2) 

夕ぐれのとき-10 [散歩や道草]

yuu-5.JPGyuu-1.JPG
昨日、久々に美しい夕映えを見ました。自宅の玄関前です。
撮っていて、少し暗くなったら、虹[わーい(嬉しい顔)]
はじめは左の方に柱のように見えていましたが、ついに、欠けるところのない半円に。
レンズを望遠ズームからワイド系に交換しようといったん家に入り、再び見たときは半円が消えかけていました。虹の色を写すには露出をかなりアンダーにしますが、空の色は濁ってしまいます。クヤシー。

yuu-2.JPGyuu-3.JPG
虹を見たより少し早い時間です。住まいの玄関側、北東方向の眺め。

yuu-4.JPG
ベランダ側は南西向き。新宿のビル群が見えています。
タグ: 夕映え
nice!(3)  コメント(2) 

Mr.Family Club 有馬純彦さん [PENTAX]

arima.JPG
7月25日に鹿児島にいったのは、有馬純彦さんを取材するためでした。
有馬さんの風景写真は「白い水の姿」といいたいほど、霧、雲海、滝が多いです。
そういう水を見ていると、自然と一体化した気持ちになるからだとか。
撮影に出かけると、ときに1週間から10日も、車に寝泊まりして、月に4万キロも走る。
「九州のなかは線でな、く面で知っています」というほど。
写真をはじめたのが21年前。
胃の手術を受けて入院中、「山にいくのだ」と決意。装備を整えカメラ用意し、
退院したその日に、車で久住山に出かけちゃった。翌朝には山頂へ。
穏やかな風貌に似ず、ムチャクチャな方です。
「あとで院長先生に、こっぴどく叱られましたけどね」[わーい(嬉しい顔)]
ウェブや個展で精力的に作品を発表。
そして、「ペンタックスが好きなので、ずいぶん集めました」
ポートレートはペンタックスのコレクションと一緒に撮らせてもらいました。
nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | -