So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

Mr.Family Clbu 大谷義治さん [PENTAX]

ooya yosiharu-si.JPG
大谷義治さん。群馬県太田市にお住まいです。お気に入りの撮影場所は赤城山の覚満淵。
案内していただいたのは5月5日です。
このときはじめて知ったのですが、赤城山という山はなく、いくつかの峰と湖や湿原を含む一つのエリアを赤城山というのです。
覚満淵は標高が高いのでまだ芽吹き前。大谷さんは木道を歩きながら、このズミの木の枝は…、この小さなヤチボウズは…と、文字通り一木一草を知りつくし、どんな季節、どんな天候、どんな時間帯の光線が最もいいかを語るのです。
小高いところに上って、覚満淵を背景に大谷さんを撮影。
樹々が緑になるのは6月だそうですが、穏やかな午後の陽射しはもうすっかり春でした。

ちょっとディープなフランス-27 [旅気分]

madore1.JPGmadore2.JPG
帰国の前に
10月27日。ドゴール空港から羽田行きの便は23時発だから、昼間はのんびりお土産あさり。
あっちの友達こっちの友達、親戚と、袋入りのキャンデーや小分けにできるチョコレートをしこたま買いこみ、
ホテルに戻って荷造りを済ませても、まだ5時。コーヒーも飲み飽きた。
道に迷いたくないと思えば遠くにはいけず、どこか腰掛けて休める場所は?
ありました。今朝その前を通ったマドレーヌ大聖堂。扉は誰のためにも開いています。
中に入ると、ふわーっと暖かい。10月も下旬なので、外気はひんやりなのですが。
足元の敷石のところどころに鉄製の格子がはめられ、温風がたちのぼっています。なんと、この聖堂は暖房のサービスがあるのでした。かすかながらごうごうという音がするのはそのせいだったんだ。
写真右、奥の方に白いマリア像。バロック風ですね。ロマネスク好みの私にはちょっと…
写真左、これは現代作家の手になる聖人の像? いい趣味とは思えないなあ。
ここは暖かくて、スリなどに神経を使わないで済むし、椅子は座り放題だし、文句をいってはいけないんだけど。

madore3.JPG
オルガン演奏のサービスもあります。でも、どこにパイプがあるんだろう? 
コンクの小さな聖堂で聴いた、パイプオルガンの演奏が恋しい。パイプオルガンは、木製と金属のと二つありましたが、音もきれいだったし、あの演奏「気」が入っていたなあ。
こちら、オルガン演奏の練習中って感じ。弾いている小父さん(画面左の後ろ姿の人)、そんなところに上着なんかかけちゃって。

19時30分。ホテルに迎えのタクシーがきました。
ドライバーのブルーノは、小柄で、いかにもパリの庶民代表といった雰囲気。
ブルーノは、片言の英語と日本語をちゃんぽんに喋ります。私とレベル一緒だ。
途中すごい渋滞に巻き込まれました。ブルーノは自分の責任のように恐縮します。
事故渋滞のようです。おかげで「アクシダン」というフランス語を覚えました。

空港に着いて、また1人になって、
自動チェックイン機の使い方ですったもんだ…最後の最後まで、?????と遭遇しながらの旅でした。
どうにか無事に帰路につけたのは、
旅の間中、ラインで見守ってくださったコスモワールド(株)の小川さんのおかげです。
小川さん、ありがとう!
私の生涯で一番面白い旅でした。

ちょっとディープなフランス-26 [旅気分]

patorikkurojje.JPG
パリの買い物
10月27日、ついにパリを離れる日です。
ホテルに迎えのタクシーがくるのは19時30分。
昨日は2万歩も歩いたから、今日は怠けるんだ。
まず、大切な人へのお土産を買いに、チョコレート専門店のパトリック・ロジェへ。
ホテルから600~700mと、近いです。マドレーヌ大聖堂の前の広場に面しているのですぐに見つけました。
このショウウインドウ、気取っていますねー。金属製のゴリラの頭部、印象は強いけど、チョコレートのイメージはないなあ。道行く人が珍しそうにのぞきこんでいきます。
お店の中も気取った雰囲気。宝石でも買うように、ありがたーく買わせていただく感じです。

hurgona-ru1.JPGhurqgona-ru2.JPG
地図を見るとフラゴナール香水博物館はホテルのすぐ近く。
入場無料ですが、一人で好きなように見学はできません。
「ちょうど日本語ガイドの時間ですよ」といわれ、ラッキー! かと思いきや、ガイドに導かれて展示室を通過し、最上階の売り場に連れていかれるというシカケ。なんとそのガイド、奥の方の香水瓶のコレクションをすっとばした。なんなんだ[ちっ(怒った顔)]
売り場で、日本人の販売担当の人に、文句をいいました。
「日本語のガイドの時間は短いです。フランス語のガイドは30分ありますから、よろしければ…」
日本人の小母さんたち、ガイドの意のままに、コレクションを見ずに売り場にいって、どっさり買い物なさる。
あんたたちも、なんなんだ[ちっ(怒った顔)]
フランス語のガイドは、香水瓶の歴史をだどってゆっくりまわります。言葉はちんぷんかんぷんでも、見ているだけでおもしろい。
売り場に戻り、友達への土産にセッケンを買いました。セッケンは重いので、買うなら旅の最終日に限ります。いい香りだけど強烈。移り香がしないように、チョコレートとバッグを別にしなきゃ。

rafaietto3.JPG
デパートのギャラリー・ラファイエットもホテルの近く。
とびこんだら、雲突くような大男の警備員二人に迎えられました。
「食品はどこ」「それなら別館」
なるほど、警備員のうしろに、ハンドバッグなど高級品の売り場が見える。私のくるところじゃなかったわー。
別館の入り口にも警備員がいます。こちらは普通のおっさん。しかしバッグを開けて調べます。
「よろしい」といわれて、ようやく中に入れるのです。
フランスのデパートでも、食品売り場は地下にありました。写真は1階の吹き抜けから下を見たところ。
チーズ売り場。おいしそう。でもガラスケースの中に、チーズの固まりがむきだしで並んでいるだけ。これではもって帰れないよねー。一つだけ、ラップでくるんだものがあるので、「それ」といいました。
売り場の小母さん、ケースすからとりだすなり、「シンクウパック?」
[わーい(嬉しい顔)]
そういうことなら、もっと頼めばよかった。
イートインもあります。ビーフのサラダ、さすがにパリの味はちがう。
それからチョコレートやキャンデーの売場に移動し、お土産を大量に買い込みました。

rafaietto1.JPGrafaietto2.JPG
同じ建物の上の方は、家庭用品の売り場です。
その階でなにを扱っているかは、壁の装飾を見ればわかります。こういうセンスがパリなんだね。

ちょっとディープなフランス-25 [旅気分]

kebu .JPG
ケ・ブランリー美術館
今回の旅の目的は、フランスの田舎に残るロマネスク美術を見ること、パリのケ・ブランリー美術館を訪ねることでした。2001年、ルーヴル美術館で迷いこんだ部屋に、アフリカンアートのコレクションがありました。
わ、すごい[わーい(嬉しい顔)] そこにはこんなただし書きが「このコレクションは、近い将来、新しくできる美術館に展示されます」。おー、そうなんだ!
2007年の芸術新潮3月号に、「パリのびっくり箱 ケ・ブランリー美術館へいこう!」。という特集が。
これだわ、私が待っていた新しい美術館は。
1枚目の写真は、アフリカの木の匙。祭祀用と考えられます。
スプーンのコレクターとしては、見逃せません。

kebu1.JPGkebu2.JPG
kebu3.JPGkebu4.JPG
kebu5.JPGkebu6.JPG
美術館のなかは暗く、部分的に強く照明されています。目がチカチカする~。
充実しているのはアフリカとオセアニアのもの。素晴らしい[exclamation]
これらの写真は、アフリカとオセアニアだったと思う。
一部を除いて撮影OKです。不思議なのは、古代中国の青銅器が×なこと。わけわからん。
見ていくうちに、???なことがたくさん出てきました。ケ・ブランリー美術館の学芸員さん、日本は大阪の民博や駒場の民藝館で勉強なさったら?
などとつぶやきながら、2時間以上も入り浸っていました。

ちょっとディープなフランス-24 [旅気分]

madore-mu seidou .JPGoperza.JPG
[晴れ]4月下旬から、1年1度の私にとっては大きな仕事で、書きに書いていました。ようやく終わった。
 ブログ再開です。

パリの街
左はマドレーヌ大聖堂。ギリシャ神殿みたいですが、カトリックの教会です。この近くのホテルから徒歩で出発。
右はオペラ座。以前パリにきたときは、ここを起点に行動したので、なんだか懐かしい。
まず向かったのは、手芸材料店のラ・ドログリー。ビーズやリボンなど、コラージュの材料を調達。

tyuiruri-kouenn .JPG
セーヌ河畔に出て、チュイルリー公園。あら、マイヨールの彫刻が。

se-nu.JPGarekusnnroru.JPG
セーヌ川、そしてセーヌで最も派手な(たぶん)橋、アレクサンドル3世橋。
ここまで歩いて、目標のエッフェル塔が近くに見えるのに、とうとうへたりました。

norimkono.JPG
アレクサンドル3世橋のあたり、人力車のバイク版みたいな車が客呼びをしています。
ケ・ブランリー美術館まで20ユーロという。もしかしてタクシーより高いんじゃないの? でもくたびれてるからしかたない。
ドライバーは西アジア系の若者。サービスに流してくれた音楽は、彼のお国の音楽のようでした。

keburanri-.JPGaparutoman.JPG
赤い建物がケ・ブランリー美術館。
白っぽい建物は向かいにあるアパ-トメント、屋根に煙突が並んでいるのでびっくり。
部屋ごとに暖炉があるのでしょう。フランスでは、暖炉は過去の遺物でなく、現役なのかな。

se-nu-yuugure.JPGkonnkrudohuroba.JPG
帰り道、コンコルド橋から振り返ると、きれいな夕焼けでした。エッフェル塔があるから風景がサマになる。
秋の日はたちまち暮れ、コンコルド広場は車の渦。

ちょっとディープなフランス-23 [旅気分]

o-tan-b.JPGo-tan-a.JPG
オータンの古代遺跡
10月25日、今夜はパリですが、午前中はオータン滞在。
古代ローマの劇場跡があるというので出かけました。
ホテルから1キロ以上はあるようですが、地図を見ると道は単純。安心して、てくてく。
住宅街が尽きたところに変わった家が一軒ありました。なにこれ[わーい(嬉しい顔)]
壁に彫刻がはめこんであります。古そう。古代ローマのものじゃない?
出土物でしょうけど、この辺、ざくざく出るのかな。
美術館に収めるほどの美術的価値はないのだろうけれど…この建物は郷土史館とか?
それにしてはこじんまりした建物です。それらしい標識もない。個人住宅らしく思えます。
今は留守のようですが、空き家ではないらしい。
垣根も何もないので近づいてみました。裏に、駐車スペース1台分。
裏の彫刻が一番面白かった(写真左)。ロマネスクの浮彫に通じるものを感じます。
そういえばロマネスクとは、ローマ風という意味だったよね。

o-tan-c.JPGo-tan-d.JPG
奇妙な家のすぐ近くに、石造りの観客席が。これが古代ローマの劇場ですね。舞台は残っていません。
帰り道、これもローマ時代の城壁の門だとか。
門をくぐったところにパンとお菓子の店があり、覗いてみました。おしゃれな店です。
オヤツを一つと思ったけれど、みな巨大。
一番軽そうな、メレンゲを固めたようなお菓子を買いました。チョー甘かった。

o-tan-e.JPG
ホテルに戻り、コーヒーを頼んでバスの時間待ち。
あれ? 外の風景、モノクロです。100年くらい前にタイムスリップしたみたい。
じつは格子の向こうが食堂で、風景は食堂のガラス壁なんですが、
眼の錯覚なんでしょうか、実際の風景のように見えるのです。

ちょっとディープなフランス-22 [旅気分]

o-tan1.JPG
オータンの街
オータンにきた理由は、ロマネスクの浮彫の傑作2点を見たいからです。
「眠るマギへのお告げ」は、サン・ラザール大聖堂の中の展示室に、
「イヴの誘惑」はロラン美術館にあるはず。
大聖堂をひとめぐり、ふためぐり、展示室、どこー? 隅の小さな階段のわきにそれらしい表示を見つけ、いそいそと近づいてみれば、階段の下に紐が渡してあります。ただいま非公開?[ふらふら]

さてロラン美術館、こちらは昼休みが長く、14時まで入れない。
散歩して、おなかがすいていないのにカフェでサラダを食べて、広場でリンゴをかじって、まだまだ。
14時きっかりに勇んで駆けこんでみれば、  ???
近代美術の小品がちょこちょこ並んでいるばかり。美術館をまちがえたか。
受付に戻って、「イヴ」の写真を見せ、「これは?」と聞くと、「パリ」とか「シャトー」とかいう。
フランス語しか話さいないので、ここにない、ということしかわかりません。
あとで、近くの店に入り、聞いてみました。
「パリの美術館にいっています。いつまでかはわかりません」
英語で丁寧に答えてくれたけれど、慰めにはなりません。

オータンには、こてんぱにふられた。オータンは、シーズンオフの観光客には目もくれないんだ[ちっ(怒った顔)]
仕方なくホテルに戻る道すがら、マネキン人形も意地悪そうです。

o-tan2.JPGo-tan3.JPG
オータンは都会だから、チーズや果物を買える店があるかな。
ホテルで、私のブロークン英語は通じないらしい…単語を並べてみる…パン、チーズ、果物… 
すると、「スーパーマーケット?」
「そう、それ!」
いってみると、「SUPERMARKET」と大きな文字が。フランス語でもスーパーマーケットなのね。
望みどおりに買えました。ヤギ乳のチーズ、おいしかった。
途中には、昔ながらの小さなお店もありました。素敵です。時間外なのか、人はいません。

o-tan4.JPGo-tan5.JPG
厨房用品の店。鍋もガス台もみなでかい。フランスの家庭の台所は広いのでしょうね。
大きな台所を持てる暮らし。フランスという国の底力を感じました。

ちょっとディープなフランス-21 [旅気分]

sanraza-ru1.JPGsanraza-ru2.JPG
オータン サン・ラザール大聖堂
ノアン・ヴィックからオータンにくるには、
バスでシャトールーに戻り、ここからは鉄道を乗り継ぎ、ヴェルゾン→エタン→オータンです。
順調であれば21時30分にはオータンに着くはずでしたが、
ヴエルゾン発の列車が堂々の遅延。これじゃエタンでオータン行きの列車に乗れないよー[もうやだ~(悲しい顔)]
エタンからオータンはタクシーでも行ける距離のようだけれど、夜中のエタンでタクシーを探せるか?
ドキドキしながらエタンで降りると、プラットホームの反対側に2両編成の列車が停まっていました。
「オータン?」と聞くと、そうだといいます。待っていてくれたのです。「ありがと!」
飛び乗ったのは、私ともう一人。すぐに発車しました。

明けて10月24日。小雨。今日の予定は、サン・ラザール大聖堂とロラン美術館です。
写真左、サン・ラザール大聖堂の正面にあるタンパン。部分、部分が面白いのだけれど、高いところにあるのでよく見えないし、じきに首が痛くなります。
右は部分。脚立かなにかで登って、じっくり見たいんだけれど。
大聖堂は広場に面しておらず、カメラを引けないので建物の様子を撮れません。

sanraza-ru10.JPGsanraZa-ru3.JPG
左は、タンパンのある入口の庇の下から、大聖堂の横の広場方向を見たところ。
右は、広場から見た大聖堂。タンパンの浮彫はロマネスクなんだけれど、建物はゴシックの雰囲気です。

sanraza-ru4.JPG
大聖堂の中。ステンドグラスもゴシックぽいです。

sanraza-ru8.JPGsanraza-ru9.JPG
大聖堂の中の柱頭にはロマネスクの浮彫があります。ほんのり照明がしてありますが、これも高いところなので見づらい。肉眼ではもっと暗いです。デジタルカメラのおかげて、この程度に見ることができます。

sanraza-ru6.JPGsanraza-ru7.JPG
大聖堂の裏側からの眺め。雨に濡れた屋根瓦がきれいな模様を描いていました。
右は、屋根瓦のアップ。修復のとき、このようなデザインにしたそうです。

ちょっとディープなフランス-20 [旅気分]

sando-1.JPGsando-2.JPG
ノアン村 ジョルジュ・サンドの館
ショパンとのかかわりで、ジョルジュ・サンドの名前は知っています。作家だということも。
でも小説を読んだことない。 
私にとっては、サン・マルタン聖堂を見にきたら、偶然その村にジョルジュ・サンドの館があったわけ。
サンド家はこの辺の大地主だった?
館は二階建。装飾的でなく、小ざっぱりとしています。今は、フランス政府が管理しているとか。
中を見てみることにしました。
壁紙を見てびっくり。昨夜泊まったホテルとよく似た雰囲気。
ホテルは、サンド目当ての観光客のために建てられたのですね。
書斎がありました。サンドはここで執筆したのでしょうか。

sando-3.JPGsando-4.JPG
写真左は東洋趣味の小部屋。
右は厨房です。広い。大勢の料理人がいっしょに仕事できそう。調理道具いろいろ。
サンドは客呼びが好きだったそうです。
どんな献立だったのかな、味は?

syopan.JPG
サンドはショパンと別れてから、ショパンの痕跡をすっかり消したそうです。
すると、このショパンの胸像は後世の人が立てたのでしょうね。
サンドの館の外、とある農家の納屋のような壁の前にポツンとありました。

ちょっとディープなフランスー19 [旅気分]

noan-a.JPGnoan-b.JPG
ノアン村のサンタンヌ聖堂
ホテルの朝食は、正統派のフランス式、なのでしょう。
コンクのホテルも古風だったけれど、果物は自由にたくさん食べていいのです。
ここでは純粋に、パンとコーヒー、バターとジャム。
ジャムはどこでも見るパックされたものでなく、小さなガラスのコップにあふれるほどのイチゴジャム。
おいしかった。

さて、ホテルから30歩ほどのところに、愛らしい小さな聖堂が建っています。
サンタンヌ聖堂といいます。
画面左側に見える低い庇。前の日に見たときは、馬小屋かしらと思ったのですが、
今朝はそこから、ヒャラヒャラと賑やかな音楽が聞こえてきます。
覗くと、庇の下が聖堂の入り口。祭壇の前で、男性が演奏していました。
あとで、この地方独特の伝統的な楽器なんだよ、と説明してくれました。
パイプを吹くとき、わきの下に革袋をはさんでいます。ふいごなんだと思いました。
バグパイプの仲間のようです。

noan-c.JPGnoan-d.JPG
朝日が射してきました。
この村の家々も、コンクと同じように、伝統的な素材と様式を守っているようです。
コンクでは屋根をスレートで葺いていましたが、ここでは平らな瓦です。

noan-e.JPG
ホテルからバス道路に出る道のわき、草むらの中に小さなシクラメンがたくさん咲いていました。
ピンクの濃淡、白もあります。はなびらの大きさは2センチくらい。
あとで詳しい人に聞いたら、原種に近いらしいということでした。
前の10件 | -